どうも林檎です。相変わらず風邪が治りません…(TT)まぁ睡眠不足が原因何ですけどね(;´д`)トホホ…

さて今回はですね産卵セットを組んだのでその様子を報告したいと思います。
まずは



















月夜野きのこ園の完熟マットを詰めただけのセット。特に面白いこともないのでセット過程は省略
この産卵セットは



















パチェコヒメゾウカブト
Megasoma pachecoi

小型ゾウカブトのパチェコの産卵セットです。小型ゾウカブトと言えばパチェコ、テルシテスを思い浮かべると思います。(私だけかもしれませんが…)隠しダネとして紹介していませんでした。



















ペアリング様子です。♂を乗せたらスグしてくれました。ヘラヘラの時とは違ってスムーズに進んでくれたのでありがたかったです。



















♀はゼリーに夢中で頭突っ込んだままだったのでそのままセットに投入しました。
あとは採卵し孵化してくれればいいんですがね…楽しみです。

今回はもう一つ産卵セットを組みました。こちらは初めて組む方法なので過程も紹介していきます。



















見てわかると思いますが菌床産卵セットですね。こたらの菌床ブロックは4ヵ月前に購入したもので使わないで放置してたやつです。いい感じに熟成されていると思い今回使うことにしました。
まずは半分に割り



















次に隙間にマットを詰めて完成
作り方はめちゃくちゃ簡単です。
こちらの産卵セットに投入したのは



















パリーオオクワガタ(リツセマオオ)
Dorcus ritsemae
スラウェシ島パロロ.パル産
7亜種がいてパリーオオからリツセマオオに名前が変わったクワガタです。ただ本種をリツセマって呼ぶ人はあまりいないですね。うちには今回紹介したスラウェシ島亜種の他にジャワ島(イジェン、アルゴプーロ)のがいます。いつか全亜種揃えたいですね(*^^*)話がそれましたが2♀用意しましたので片方は産んでもらいたい所です。




















♀の頭が入るくらいの大きさの穴を空けて




















♀を突っ込ませたらすんなり潜ってくれました。

さて今回はこの辺で近いうちにタイワンシカの産卵セットを暴きます。それも記事にするのでぜひ見てください。それでは次回の更新もよろしくお願いします😁